50代からシミとりに挑戦した私の記録

50代からのシミとり(10)衝撃の美容法・・それは何もしないという美容法

更新日:

衝撃の美容法・・・

 

これが、その新しい美容法の本です。

 

 

ちょっと、

ショーゲキ受けます。

 

 

だって、

 

水かぬるま湯で洗顔。(クレンジングは厳禁)

ポイントメイクしたら、そこだけ石けん洗顔。

化粧水もクリームもなんも塗らない。

日焼け止めさえ塗らない。

 

 

これがスキンケアっていえるのか?

とゆうくらい

究極の「なんもしない」化粧法。

でも、

すごく説得力あります。

 

だって、怪しい『自然派』みたいな人じゃなくて、

めちゃちゃんとしたお医者さんで、

肌トラブルの患者さんを観察・治療してきたデータが満載ですから。

ファンデーションやなんかは肌に悪そうだな、と思ってたけど、

まさか化粧水がNGなんて。

ものぐさな私でも化粧水だけはつけないかんと信じてきたよ。

この本によると、

じつはメイクより、

スキンケアのほうがもっと肌に悪いそうだ。ひ~。

で、

感化されやすい私は、

すぐこの方法はじめました。

 

宇津木式スキンケア。

・・を、はじめたというべきか、

今までやってたことをやめた、というべきか。

 

 

それ以来、化粧水つけてません。

でも、ぜんぜんつっぱたり、皮がむけたりしません。

洗顔は水だけ。

 

ほんとは、髪もシャンプーつけないで洗う(湯シャンっていうらしい)んだけど、

それは、まだ実行できてない。

友だちで、

『湯シャン』やってる子がいて、

髪は、この半年、水で洗うだけなのに、

すごくツヤツヤになって、

まわりから誉められるって言ってた。

 

(私はべたつきそうで、臭いそうで、やる勇気がでない。。)

 

この、宇津木式を実践した人の1年間のレポートみたいな本があって、

これ

 

本屋さんで立ち読みしました。。。

著者は、ドイツ語翻訳家の60代の女性。

なかなか面白かった。

この人の歳からでも、

1年でびっくりするほどの改善がされてて、

勇気がわきます。

 

とっても良さげなスキンケアだけど、

こんな、化粧品会社や美容関連会社を敵にまわすセオリーは、

ぜったいに、

テレビ番組や、女性雑誌では取り上げられないだろう。

スポンサーおこらせちゃうもんね。

この本も、地味に売れてるらしいけど、

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法

ってタイトルがすでに地味でインパクトがないのよね。。。

 

興味ある人は、アマゾンの内容説明とレビュー読んでみてください。

実行してる人たちの生の声がいっぱいです。

今まで、お金と時間をかけて(エステとか)

良いといわれるお手入れをしてきた人ほど、

肌が傷ついてキメが崩れているという報告に、

『私の今までの努力はなんだったの?』と落ち込むこと必須です。

-50代からシミとりに挑戦した私の記録

Copyright© ばじるーむ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.