日々思うこと

『老後2000万円』撤回されてもねえ

投稿日:

 

ここ数日は、

 

『95歳まで生きるには夫婦で2000万円の貯蓄が必要』

 

っていう唐突な金融庁の試算報告書のこと、

毎日のようにニュースで取り上げられて、

「おっと、100年安心はずのの年金はどうなった!」

と、大騒ぎの事態になってたけど、

 

麻生さんが『報告書は受け取らないから、なかったことと同じ』とかいうので、

もう、あきれるというか、お茶吹いて笑えてくるわ。

バカなんじゃない?

国のいつも『都合悪いものはなかったことにする』体質が気持ちわるい。

 

でも、報告書自体は、

そうおかしいものでもないと思う。

 

ダンナがちょうど65歳になって、

今、まさに年金生活スタートしたわが家にとっては、

これからの生活についての不安マックスの時に、

このニュースは

 

「え?2000万要るって?そらそうでしょうよ」

 

というしかない。

 

これだけ少子化が進み、

年金額は残念なほど少ないはずで、

これからもっともっと厳しい状況になるってことは、

ほとんどの人が覚悟してるはず。

 

月に20数万円の年金だけですべてがまかなえて、

楽しい老後が暮らせるなんて誰も思ってないよ。

 

それぞれの家庭でかかるお金は全く違う。

月々の年金では賄えない大きなお金はいっぱいある。

家のリフォーム車の買い替えや、

子どもの結婚資金援助や、孫にまつわる出費や・・

病気になったり介護が必要になった時の出費や、

もしも施設に入ることになったりしたらどれだけかかるか・・

などなど考えていたら、

優雅に旅行や趣味の習い事なんて言ってられない。

 

てか、2000万円じゃぜんぜん足りないですよね?

 

だから、

みんな子育て終わったら集中して老後資金を貯めて、

退職金も使わないようにして、

65歳過ぎても仕事をして、

もちろん日々節約して、

なんとか余裕をもちたいとがんばってるんだ。

年とってお金がないのは惨めだって思うから。

 

なのに国があらためてそんな、

お節介なこと言わないでほしいわ。

 

年金額だってピンきりの差があるなかで、

貯金が500万円しかなかったらそれなりに生活していくし、

1億円あっても足りない人は足りないんだから。

 

でも、今回の報道で、

ますます年金生活の現実を早く把握したくてたまらない。

 

6月になって、支給額のお知らせがきたので、

6月15日にダンナの初めての満額年金が支給されるのは分かってるんだけど、

ここから引かれる税金や保険料の正確な金額がまだわからない。

1年を通じてどれくらい足りないのか。

まずは1年を生活してみなくてはと思ってる。

 

そしてもちろん、

失業保険の給付金150日分はしっかりキープして、

ダンナにはそのあとバイトでもなんでも身体の続く限り働き続けてもらい、

私もクビにならない限り今の環境で働きつづけられたら、

完全リタイアになった時に少しは蓄えが増えてるかな。

そうでないと困るけど。

 

って、

95歳まで、生きれるのだろうか。

そんなにも長く。。。

長すぎる気がする。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

★いつも応援ありがとうございます★
★下のカテゴリーのランキングに参加しています★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村


日記・雑談(主婦)ランキング

-日々思うこと
-

Copyright© ばじるーむ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.