日々思うこと

乳がんについて何も知らなかった

投稿日:

この大型連休の前半のミッションのなかで、

義妹(弟のお嫁さん)のお見舞いに行く、というのがあった。

ミッションというと「やらなきゃいけないこと」みたいだけど、

そういうんじゃなくて、

「とにかく顔を見に行きたい」という気持ちから、

どうしても行きたかった。

 

連休直前に入院・翌日手術をした義妹。

その1週間前に

弟から「〇子が乳がんになった。初期なんで大丈夫。転移もないし」

という連絡があった。

 

がんという言葉に動揺して、

どうしてどうしてどうして。

 

今まで病気ひとつせず、

自営の仕事(超多忙)しながら

となりに住む私の両親の介護をして看取ってくれ、

大病をして死のふちをさまよった夫(私の弟)の闘病を支えてくれ(現在も)、

4人の子ども(上の二人と下の二人がそれぞれ年子)を育て、

4人とも小学校からのスポーツクラブに入ってその活動も支援し、

4人の教育もちゃんとして、4人とも公立進学高校、国立大学に進学させ、

今回はその末っ子の大学入学でバタバタしていた矢先のことなのだ。

やっと、今からちょっと楽になるという、この時に。。

神さまは意地悪だ。

 

でも

手術は無事成功して、

すごく元気だという写真も弟が送ってきたので、

ああ、よかった、と思った。

早期発見で手術も簡単だったんだろうと思った。

顔を見に行かなくては。

 

連休中なので渋滞もあり、4時間かかって病院に着いた。

 

そこで聞いた話は、ちょっと想像と違っていて・・

いまも、まだ自分の中でうまく処理できてない。

 

てっきり検診でがんが見つかったのだと思っていたら、

自分でしこりを見つけて病院に行ったそうだ。

それが1月。

 

弟の話や「早期発見だったからよかった」と何度も言うので、

私の頭の中では、

ガンはほとんどわからないくらい小さなもので、

ちょっと切って、その部分をさっと取って、

1センチくらいの縫いキズくらいで済むような、

そんな感じかな・・と。

 

でも実際は、

がんは2.7センチあって、

乳房は全摘だった。

ステージは2だったと。

 

え、全摘出??

早期発見なのに?

 

ちょっと、自分の感覚とちがいすぎて、

ど、どういうこと、それ。

 

以前に、しこりを早期に見つけて取った友人がいて、

乳輪に沿ってメスを入れて、患部を採って、

乳輪に沿って縫い合わせてあったのを見せてもらったことがあって、

まったく傷も目立たないし、

もちろん乳房もそのままだったから、

そういうものだと思っていたのだ。。

 

乳房再建の形成手術もできるのだけど、

その形成手術とガンの手術は同時進行しないといけなくて、

でも手術予定が詰まっていて、

5月以降じゃないとできなくて、

それは待てないから再建はいいですとやめたとか。。

 

もともと胸が大きな義妹なので、

今はパジャマの上からも左右の大きさがちがうのが、

なんか不憫で・・・

 

弟に、

「全摘って知らなかったよ。大がかりな手術だったんだね」というと、

「今は乳がんはなったら全摘よ。姉ちゃんも検診受けたほうがいいよ」と。

 

そうなのか?ほんとに?

 

そりゃ

全摘したら切除残りや転移のリスクが減るだろうけど・・

そうなのか?

時代はそうなっているのか?

 

なんか、

乳がんが多いとは言われてるけど、

自分は何にも知らないんだ、なんの知識もないんだ。

と、思った。

 

義妹は、顔色もよくて、

「食事は完食です~」

「痛み止め飲まなくてももう痛くないんです」と、

元気アピールしてくれるけど、

 

片方が乳がんになったらもう片方もなる人が多いらしい

とか、

これからの治療はまだ話し合っていない

と、

不安ものぞかせていた。

 

私は、乳がんについてなんの知識も情報もなく、

義妹に有益なアドバイスも、気の利いた言葉もかけてあげられなくて、

「全摘だった」「ステージ2だった」

ということにうろたえただけのダメな義姉だった。

ほんとにダメだな。。

 

 

にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

-日々思うこと
-, ,

Copyright© ばじるーむ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.