家族のこと 家計 日々思うこと 食費

2020年の食費推移~やはり12月は特別月

投稿日:

 

きのうもよく雪が降ったけど、

日も射したので、どっさどっさと屋根からの雪が落ちてくる。

その音がけっこう大きくて怖いのだけど、

そんなこと北陸の人にはいえない。

落ちてきた雪に埋まって亡くなった人もいるのに。

 

さて、2020年の家計を〆てみました。

収入も支出も少なくて、金額を全部さらすのははばかられます。

とりあえず、食費だけ月ごとに見てみます。

1月  55177円

2月  57360円

3月  50661円

4月  55780円

5月  65872円

6月  51055円

7月  42513円

8月  61629円

9月  47074円

10月 55069円

11月 61508円

12月 96300円

 

1年間の食費総合計は648887円で、

月平均は54073円となります。

 

だいたい5万円台で推移しているものの、

やはり12月の突出ぶりはこれいかに。

 

まあ、予想どうりですけど、

これでもふぐ代(3万円)の半分はダンナが負担してくれたんですが。

お正月料理はお刺身代くらいのUPなんだけど、

やはりみんなが帰省してきて、

夕食が豪華で(いつもの粗食に比べればだけど)量も多くなるせいで、

節約どころじゃなくなるんですよね~。ふう。

 

でも考えてみたら、

今年はコロナで長女たちの帰省はこの年末だけだったから、

この金額で収まってるのだともいえる。

 

そして、食費の実情としては、

月に一度の外食や、

毎週土曜のお惣菜デーや、

アルコール関係は、

すべてダンナがアルバイト代から支払ってくれているので、

本当はもっとかかっていて、

あくまでもこれは家計から払った食費という事であります。

ありがたいので、ホント永久に続いてほしい.👈ダンナのバイト

 

今年は、3月末から長女が帰省して(その時1週間くらいムコさんと孫もいっしょ)、

そのまま5月半ば出産~その後1か月?滞在するという恐怖の予定。

GWは当然またムコさんと孫もいっしょなわけで、

そりゃあもうすごいことになりそうな予感しかない。

せいぜい、普段の生活をがんばって、

食費は5万円以下を目指して節約していこう。

 

そのほか、日用品や、医療費や、交際費やらを1年分まとめてみた。

 

つつましい生活ながら、

後半にはカーテンを買い替えたり、収納引き出しを買い足したり、

ニトリに行くたびに何万円も使ったせいで、

日用品の総額がびっくりするほどアップしている。

 

交際費も、まあまあ、かかるよね。

 

で、それぞれの支出すべてと、

ダンナの国民健康保険料や介護保険料や、

固定資産税や医療保険料やらがん保険やらなんやらの年払いのものも、

全部全部合計してみたら、

この一年の支家計の支出は、

ダンナの支給された年金内で十分足りたことがわかった。(20万円くらい余った)

私個人のお小遣い的支出も全部この中に含めているので、

本当にすべての出費だ。

 

ブラボー!!

 

とりあえず、

今の地味なライフスタイルで、

年金でなんとか赤字にならずに生きていけるという事が分かっただけでも、

なんか安心だ。

 

もしもしもしも、

ダンナも私も突如仕事を失ったとしても、生きていける。はず。

 

もちろん、車の買い替えやリフォームなんかは貯金を崩さないといけないし、

将来、大病したり、老人ホームに入るとか、

そうなったらもうお手上げだろうけどね。

 

私の収入も、今年はじめて期末手当(13万円)や、

交通費(月1万円くらい)がでたりして、

手取り額が前年より上がっていた。

 

そのほか、

配当や、ポイントなんかも、大事な収入として、

今年もチマチマ大事に貯めていこう。

 

仕事やめたい病が定期的におそってくるけど、

気をまぎらせて、

もうちょっと働こう・・かな。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★

 

 

 

雪だるま作りたくなって。。。

トトロのつもりなんですが。

クオリティー低すぎて残念。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

ランキングに参加しています。

(ポチしてもらえると超超うれしいです!ありがとう!)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(主婦)ランキング

-家族のこと, 家計, 日々思うこと, 食費
-

Copyright© ばじるーむ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.