家族のこと 日々思うこと

マザコン

投稿日:

 

きょうは寒い。

雨が降っていて、水温も低い。

のに学校の体育はプールだった。

みんな紫くちびる震わせて寒がってかわいそうだったな。

昨日の夜は『焼きビーフン』作った。

たぶん、10年ぶりくらい。

海老とイカを入れた海鮮ビーフン。

ビーフンって、米粉でできてるのね。

 

✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿

 

 

昨日は、ダンナの友だちの息子の結婚の話題について書いていて・・

溺愛する母と、ママが大好きな(たぶん)息子。

についてちょっと棘のある文章だったかもしれんと反省

 

ふと。

 

お姉さんふたりのあとに生まれた待望の男の子。

お母さんに溺愛されてる末っ子男の子。

んんんんん、なんか聞いたことあるぞ。

 

って、

あらあ、同類項な男の子が身近にいましたわ。

 

うちの長女のダンナさんだわ。

 

お姉さんがふたりおられて、(二人とも未婚)

皆にずいぶん可愛がられて育ったようです。

 

そりゃあ、仕方ない。

可愛くないわけがない。

うちのお婿さんも、

とっても温厚で、やさしくて、家事万能です。

 

去年秋に子連れであげた長女たちの結婚式が象徴的でした。

 

バジル家は、始終一貫して笑顔、笑顔、笑顔。笑いすぎ。

 

こうしていい伴侶に恵まれ、しあわせな娘の姿に

感謝、感謝、笑顔しかありません。

 

ふつうは泣くはずの最期の『花嫁からの手紙』も、

花嫁(長女)も、花嫁の母(わたし)も、花嫁の父(だんな)も、1ミリも涙こぼさず、

写真もみんな大口開けて笑ってるのばかり。

 

いっぽうの婿さん一家は。

 

チャペルの式で

まず新郎ひとりが先に入場・・・

の、その瞬間に、いきなりお婿さんのお母様の号泣でスタート。

 

披露宴でも、お姉さんたちも場面場面で涙を流し・・

最後の『花嫁の手紙』では長女がスラスラ読んでる横で新郎が号泣。

花束贈呈ではお婿さん一家みんな号泣、バジル家爆笑。

もう、対照的ったら、マンガみたい。

(あ、花婿のお父さまは最後の挨拶のことで頭がいっぱいで、ずっと緊張されてました)

 

大事な大事な末っ子長男君の結婚は、

お母様、お姉さまたちには、

素直で可愛い末っ子くんが遠く(心理的に)に行ってしまう、

超絶悲しい事件だったのかも。

 

ちなみに、お婿さんはなんで泣いたのか聞いてみたら、

生まれた自分の娘のことがかわいすぎて、

自分の親も自分のことをこんなにかわいがってくれてたんだろうと思ったら、泣けてきた、んだそう。

やさしいな、おい。

 

そういう優しい息子を育ててくださって、ありがとうございます。

マザコン・・・とはちがうけど、

そうやって愛情をたっぷり受けて育った男の子は、

自分の母親にも、奥さんにも優しいと思うよ。

(板挟みになった時はつらいだろうけど)

 

って、まとめてみた。

 

私は、もし息子がいたら、

死ぬほど溺愛して、

ママがいないと生きていけないというガチマザコンに育てたかったので、

ほんとに羨ましいんだな。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

★いつも応援ありがとうございます★
★下のカテゴリーのランキングに参加しています★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村


日記・雑談(主婦)ランキング

 

-家族のこと, 日々思うこと
-

Copyright© ばじるーむ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.