日々思うこと

Mちゃんの命日

更新日:

 

今日は、親友のMちゃんの命日。

亡くなって3年経った。

今日も、雲ひとつない突き抜けるような青空だ。

 

↓その時のことを書いた記事(旧ブログ)

今でも、毎日毎日Mちゃんのことを思う。

リビングの棚に一緒に写ってる写真を飾り話しかける。

 

小学校3年生に同じクラスになったその日から、

ずっとずっと一緒に生きてきたのに。

突然の病魔に冒され

たった6か月の闘病で旅立ってしまったMちゃん。

今も、自分の体の一部が欠けてしまってるような空虚感。

 

会いたい。

話したい。

Mちゃんの笑い声や口ぶりをいつも思い出す。

 

この命日に、

お花を前日に届くように手配していたので、

Mちゃんのご主人からお礼の電話があった。

 

お花を送るたびに、

いつも電話をもらい、

近況を話して、つい長話になる。

 

ご主人とも、お互い結婚前から知っているので、

私のことも「バジルちゃん」と呼ぶ仲なのだけど。

Mちゃんを失った悲しみを共有しているという連帯感を感じる。

伴侶と親友でも、悲しみの深さは分かり合えると思う。

 

Mちゃんが病気になったとわかってから、

Mちゃんの息子と娘は付き合っていた相手との結婚を早めたけれど、

残念ながらどちらの結婚式にも出ることなくMちゃんは亡くなってしまった。

今はそれぞれに赤ちゃんが生まれ、

もう1歳半だって。

会いたかっただろうね。

・・そばで見守ってくれてるとは思うけど。

 

ご主人は、今春退職して、

夏に2週間ほど北海道にバイクでツーリングしたとか。

Mちゃんといつもあちこちを旅行していたなかで、

北海道も一緒に訪れた場所を回ったらしく、

感慨深かったと。

 

あっという間の3年。

時間が薬というけれど、

時間が経っても、

私はまだまだ受け入れられないでいるよ。

 

でも、いつもいつもMちゃんは私のそばにいて、

私は・・

たとえば、

ああ、ご飯作るのめんどうくさいな、って思ったとき、

Mちゃんは、

こんなささやかな家事さえも、

したくてもできなかったんだ、と思う・・の繰り返しで。

なんでもないような、

平凡な毎日のことを、もっと大事にしなくては、

と、いつも思い出させてくれる。

 

悲しいけれど、

大事なことをずっと私に教えてくれる。

生きていた時もそうだったように。

 

★ ★ ★ ★ ★ ★

高級な柿をいただいた。

いつもひと盛り200円とかの安い柿しか買わないのに。

とにかくでかい。甘い。種がない。

なんか、食べるのがもったいない、と思うって、

残念な貧乏性。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

★いつも応援ありがとうございます★
★下のカテゴリーのランキングに参加しています★

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村

日記・雑談(主婦)ランキング

-日々思うこと
-

Copyright© ばじるーむ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.