日々思うこと 未分類 買ったもの

残念なパン屋さん

投稿日:

 

 

 

 

 

 

 

今年も今日で半分終わったんだな。。

早いなあ。。。

3月末に無職になってからも3か月経ってしまった。

そして、えっ、もう梅雨明けとか。

なにがなんだか。

 

朝、駅にダンナを送っていくのに、

今までとは違う新しい道が開通した。

その新しい道沿いにはマンションや住宅がどんどん建っている。

 

中に住宅兼用の可愛らしいパン屋さんもあって、

ずっと気になっていたけれど、

私が通る朝8時前でもまだOPENしてなくて、なかなか行けなかった。

 

先日、ダンナの出勤が遅い日があって、

9時前に通ったらさすがにあいていたので入店。

 

程よい広さのお店で、

種類も多く、手作りバーガーも数種あったし、

奥でパンを成形して焼いてるところも見えた。

値段もごくお手頃(写真のどれも150円くらい)で。

肝心の味も、ふつうに美味しかった。

特にカレーパンは揚げたてだったのでアツアツで。

 

なのに。。。

 

なんだろう。

店を出たときの、

この 残念感 は。

 

なんの欠点もなさそうなのに。

 

新しい住宅街の中で、

頑張ってる若夫婦。

一生懸命パンを焼くダンナさんと、

客対応とレジの奥さん。

きっと、長年の夢だった自分たちの店のために、

いっぱい試行錯誤して、

店作りもこだわりを詰め込んで、

頑張ってるんだろうな。

 

だけどね~~~。

 

暗いんですよ。

2人とも。

 

「いらっしゃいませ~」とか

「おまたせしました~」とか、

そういう、普通のあいさつがない。

 

初めてのお客さん(わたし)なんだから、

どこに何があるのかも、

何がおすすめなのかも、

わからんし。

 

ていうか、

ホスピタリティー的なものがなくて、

奥さん、

「〇〇円です」しか言わず、

ただ淡々とレジを打つだけ。

 

なんか、

気まずささえ感じて不快になる時間。

 

奥さん(たぶん30歳くらい)人見知り?

客商売でこれはいかんやろ。

やっぱり、笑顔と愛想がないと。

 

お店の扉を開けた瞬間に、

やっぱり明るい声で迎えられたい。

「よく来てくださいました。ウエルカムです」って感じを出してほしい。

帰るときも、

「ありがとうございました。またぜひ来てくださいね、待ってます」ってのをお願い。

 

いや、こんな基本的なことができてなくて

お店ごっこでもやってるんだろうか。

自分たちの店を、盛り上げる気はないのか。

いいの?こんなんで。

 

いや、いつもはもっと明るいんだけど、

ちょうど夫婦喧嘩してて、

けっこうやばい状態のときだったのかな。

 

いや、もしかして、

この人たち、実は夫婦でもなんでもなくて、

雇われ職人とパートのひとかしら。

 

とか。

 

ただの新しいパン屋さんについて

あれこれ考えてしまう。

 

やっぱり、

どんなに商品がよくても、

お店の雰囲気がよくないと、

なかなか足が向かないもんだと思うよ。

 

あと、パン屋さんって、

やっぱり朝早く開いててほしいわ。

 

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。、

 

ランキングに参加しています。

(ポチしてもらえると超超うれしいです!ありがとう!)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(主婦)ランキング

-日々思うこと, 未分類, 買ったもの
-

Copyright© ばじるーむ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.