日々思うこと

せん妄

投稿日:

 

友人のお父さん(70代)が入院して、

ショックを受けている。

 

元気だったお父さんが、急に認知症になった!

 

そら、びっくりするよね。

 

でもそれは、認知症じゃなくて、

お年寄り(とは限らないけど)が入院したときによくある『せん妄(せんもう)』を発症したんだよ!

 

ググってみたら

せん妄は、錯覚・幻覚(幻視)などの異常体験、精神運動興奮・不安などが加わった特殊な意識障害である。せん妄の有病率は、入院患者の10~30%、高齢者では10~40%に起こる。

だって。

すごい確率高い。

けどその割に知られてないから、

直面する家族は戸惑うよ。

 

私の両親はもう亡くなったけど、

ふたりとも入院時に『せん妄』を起こした。

 

母は65歳の時、くも膜下出血を起こし、

そこから長い入退院の繰り返しと介護の日々が始まった。

その何度目かの入院時に、別人みたいになったことがある。

私のことは従妹の名前で呼び、

自分の生年月日はでたらめ、年齢は38歳とかいうし、

急にベッドの上に立ち上がったり、

点滴をすぐに引き抜いたり、

日ごろぜったい言わないような言葉を使ったり。

 

その変な状態は数日続いたのだけど、

家族はそれが一時的なせん妄とは知らないものだから、

壊れてしまった母を見ながら絶望しかなくて、

毎日うちひしがれていた。(脳の病気のせいでそうなったと思った)

 

入院時はいつも大学ノートに付き添った人がその日のことを書き込むことにしてたので、

そのせん妄時の認知症状態のあれこれや言動を書きとめておいた。

退院後にそのノートを読んだ母(正常にもどってる)は、大層驚いていた。

まったく記憶にないし、あまりに恥ずかしかったようだ。

 

父は70代後半のとき、肺がんの疑いで入院時にせん妄を起こした。

父の場合は一見普通にみえるのに、

夜に幻覚?妄想?みたいなのを見るのか、

『昨日は夜に看護師さんたちみんなと中華料理を食べにいった』

『Sさんがお見舞いに来てくれた』(その人もう10年以上前に亡くなってる)

『病院のレジで、店(自営業のこと)の売り上げを出してきてくれ。つながっとるけん出せる』(んなばかな)

みたいな事を,毎日マジメな顔で私に話すのは、こわかった。

せん妄だとわかっていても。

 

そして、絶対安静なのに、毎晩病院を徘徊して、看護師さんに迷惑をかけた。

(途中から足元にセンサーマットを置かれた。)

朝病院に行くと、看護師さん(はずれ)によっては、

前夜の父の奇行をうんざりしたように報告されて、

こっちは「すいません、すいません」と謝るしかなかった。

いい看護士さん(あたり)は、

「よくあることなんですよ~」と笑顔で話されて大いに救われた。

(ほんと、看護師さんによって天国にも地獄にもなる入院生活)

 

ふたりとも、数日で症状は消えたけど、

もしかしてずっと消えないこともあるんだろうか。

せん妄をきっかけにそのまま壊れてしまう可能性もあるのか・・

高齢者の場合は、もともとその素養があるから、

せん妄と認知症の境界線がわかりにくいかもしれんと思う。

 

とりあえず、

友人には

「それはせん妄だから一時的なモノで、すぐに治るよ」

と言って明るい希望を与えて喜ばれたが、

本当に認知症だったらどうしよう。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

★いつも応援ありがとうございます★
★下のカテゴリーのランキングに参加しています★

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ シミ・ソバカスへ
にほんブログ村


日記・雑談(主婦)ランキング

-日々思うこと
-

Copyright© ばじるーむ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.